バリメシブログ

バリという人のブログです

異動と左遷とアイカツの話

 

みなさんこんにちは、前回の続きです。今日のみなさんも昨日の皆さんの続きです。

 

でも別に前回を読まなくていいと思います、ですがこの自分語りシリーズはカテゴリータグ「自分の話」でまとめていきます。つーか読むな、ふざけんな馬鹿。

 

これは1週間後に続きを書きたいと思っていたのに1ヶ月後になってました、お詫びとしてこれからはなるべく毎日書きます。

 

あと僕のブログのコメント欄でボキャバトルをするのはやめてください。

 

 

本題です、

 

 「……と言っても、左遷ってわけじゃないんだけどね…」

僕はこれを左遷と理解しました、みなさんも理解ですか?

 

ピカピカの新卒入社一年目にて、早くも僕の人生が紐解けてしまいそうな憂き目にあっていたこの時分でしたが、良い出会いもありました。

それはアイカツです。

 

1作目の劇場版を記念した全話無料配信期間で見ました、ハマりオンリーイベントにまで足を運ぶようになるまでにそれほど時間はかかりませんでした。

本筋から逸れるので感想は控えますが1期2期のアイカツは凄かったですね、秘密の手紙と見えない星はボロボロ泣きながら見てました。

特に霧矢あおい姐さんが最高でした、その時私は思いかけてしまいました。

 

 「就活の時の俺にこのアニメがあれば、霧矢あおいちゃんがいれば俺はもっと戦えた」

こんな会社で妥協せずに済んだ、親や学校の就職支援課、楽々就職先を決めていく友人から発せられるパワー、すなわちプレッシャーに耐える事ができたはずだ。

きっとそうだ、俺はアイカツに出会うのが遅すぎた。

一瞬だけそう思った、でもそれは俺が弱かったからだ。

すぐさまその貧弱な自分を頭から追い出した。

 

霧矢あおいちゃんがいればあの時戦えた、俺はそう思った。

そう思った以上は、「霧矢あおいちゃんがいる今の俺は戦える」はずだ。

そうでなければならない、霧矢あおいちゃんまで裏切ったら俺はもう永遠に救われることはないだろう。

割と本気でこう言う事を当時考えていた記憶があります。

 

左遷された先は今までと違って遅番シフト早番シフトがある、実家からの距離じゃ遅番シフトにされた時には終電で帰れなくなってしまう。

始発で通っている早番シフトの今のうちに部屋を探そう、まず一人暮らしをする。

そして転職先を探す。

畜生、あれだけ憎んだ就職活動の場にこんなに早く舞い戻ることになるとは。

でももう大丈夫、あの時の俺にはなかったが今の俺にはアイカツがある。

異動先では1日4時間の残業がデフォルトだった。

でも、なんてことはない。

1日13時間の労働に耐え、週2日の休みにハロワに通えばいい。

それだけの事だ、簡単だ。

 

そうしてアパートの契約を済ませ、それを上司に報告したその月に二度目の異動が決まりました。

 入社1年目の冬だったと記憶しています、劇場版アイカツも冬でしたよね?

 

つづく

 

 

 

 

自分の話

 

 

 

久しぶりにブログ開いたらちんぽ舐めてってコメントされてました、嫌です。

 

このブログ定期的に書くことがあまりにもなさすぎるので、自分の事を書こうと思います。

書きます、多分、よろしくお願いします。

書きました。

 

新卒入社をみなさんはしたことがありますか?

私はあります。

 

これは大体の人がやらなきゃいけない事だと思います。

それは地方私立文系Fランの限界マウンテン山中キャンパスや、鯛焼き屋でミックス粉をかき混ぜて手に入れるお金と、いつでも美味しいごはんが自動で出てくるパワー実家の三か所で羊飼いのように安穏と暮らしていた僕でもやらなきゃいけないことでした。

 

この辺のくだりでも死ぬほど感情が発生するのですが、今書くのはめんどくさいので次の行では既に内定を取っている感じでいきます。

 

色々あって内定をもらいます。

リサイクルショップ?の会社です、本やゲームやキャラクターグッズやTCGなどを中古で買い取って売る、まあそういうどこにでもあるような会社に入りました。

 

就職活動中の僕は混迷を極め唯一内定を貰えたのがここでした、正確な数は覚えてませんが40社以上は受けたと思います。

とにかく無職になったら死ぬくらい恐怖しながら面接を受けに行っていた事を覚えています。

ここは決して良い待遇とは言えませんでしたが、他に転がっている求人と言えば休みが週一の介護職や営業職でした。それは無理でした。

でもここなら週休二日だったのでまだマシだと自分に言い聞かせて、辞めるにしてもまず空白期間は作ったら絶対にマズいと思いこの内定に飛びつきました(今にして思えばそんなことはなかったと思います)。

 

それは卒業式まであと1か月前の日の出来事でした。

 

 

社長「この会社が経営する店舗は4種類あります、全部名前を言える人はいますか?」

僕「…」

新卒達「…」

 

悪夢のような入社式が終り、晴れて社会の歯車です。

このような会社には、客から買い取る商品に値段をつけたりする部門や、出荷を管理する部門などがあります。

僕は前者の感じのところに配属されました。

 

限界Fランさむいさむいマウンテン、もとい大学でグラフィックデザインを学んでいました。

学問としてのグラフィックデザインが何かを説明できる人はこの大学に在学生の中にほとんどいません、この大学に在籍する講師の中にもほとんどいません、僕にも当然無理です。

まあつまるところ、なにもしていませんでした。

 

しかし僕は天才なので面接で何もしていないと言ったらいつまでたっても採用されない事を知っていました、それなのでグラフィックデザインとやらを専攻していたとでっち上げグラフィックデザインっぽい部署に配属される事に成功しました。

 

このなんか古い物を買って他の人に売る会社はネット通販も行っていました、僕は社内で撮影班と呼ばれるその自社サイトで使うための商品画像の撮影と画像編集を担うチームに入ります。

 

就活により心身共に疲れ、ツイッターで見知らぬコスプレイヤーに暴言を叩きつけるような荒んだ生活を送っていた僕にとってそれはまだ少し耐えられる物でした。

同じ階で働いている別の課や班の上司たちはわりとひっきりなしに怒鳴ったりなどが発生していましたが、僕の班ではそうでもありませんでした。

僕についた先輩も親切で、年齢もそれほど離れていないであろう男性でした。

グラフィックデザインの真似事でフォトショップなんかはそれなりに触っていたので、それも少しは役に立ちました。

 

少しは大学のゼミで学んだことが生かせてうれしく思った事を記憶しています、ああ俺が親に無駄に払わせた学費もまるっきり無駄ではなかったんだなと、誤解することができたからです。

残業は1日1~3時間ほど、上司や先輩、同期も静かに仕事をしています。

もちろん残業が全くない日は多くはありませんでしたが、鯛焼き屋のバイトと比べればイスに座れるし空調もある、社長の恐ろしい怒声は聞こえるが自分や自分の部署には関係ない。

 

お金も貰えるし、就活と比べたら天国でした。

人前で自分の意見を話す事にとてつもなく困難を感じていたので、面接での心労を考えればなんてことはありませんでした。

 

なんだこれは簡単なことだ、土日休みの友人と疎遠になり寂しかったがまあ親も就職して喜んでるしここでしばらく働くのも悪くないかなと、そう思えてきました。

就職するのは怖かった、でも勇気を出して良かった。

何とかやっていけそうだ。これから頑張ろう。

 

 

そうして入社一年目が半分ほど過ぎました。

僕は左遷されました。

 

(つづきます)

 

アイドルタイムの虹色にのちゃんかわいい

 

最近プリパラがめっちゃおもしろいです。

にのちゃん超かわいくないですか?

だから絵を描きました、ツイッターアイコン用です。

みんなもプリパラ見て、一生のお願いだから!

一生のお願いもうここで使うから!今回のはマジのやつだから!!!

終わり。

 

2017年7月あたりの日記、それと見抜きテトリス

 

 

ブログとは日記なので日記を書こうと思います。

この前精神障害者なんちゃら福祉手帳の申請が通りました、3級でした。

2級以上は市から毎月二万円もらえたりするので惜しかったです、残念ですね。

 

来週あたりに休み貰うのでその時市役所にハンコとか持って言って受け取ります、ついでに住民税の控除についても聞いておく。

その日に年金機構の窓口と税務署にも行く、所得税の控除は役所じゃ無理だったはず。

障害年金について先に相談してからの方が診断書貰う方がいいらしい。

 

あとこれから頑張って見抜きテトリスを流行らせていこうと思います。

 

見抜きテトリスはこれです

twitter.com

 

よろしくお願いします、おわりです。

 

#バリメシ 16話「ネギ塩たれ」

 

今金曜ロードショーの思い出のマーニーを見ながら書いてます、ジブリ映画ってロリコンですよね。

今は太っちょ豚!のくだりです。

 

これは夕飯です。

f:id:bari301:20170714213514j:plain

鶏モモ肉を焼いて、ネギを刻んで鶏ガラペーストとごま油と塩コショウとレモン汁を混ぜて熱したものをかけたものです。おいしいです。

f:id:bari301:20170714213516j:plain

いい写真だと思いませんか?僕は思います。

お前も思え。

おわり。

 

 

#バリメシ 15話「理論ピーマンの肉詰め」

 

みなさんこんにちは、随分久しぶりの更新ですが優勝です。

これはマジでうまいやつです。

理論シリーズ第二弾です、理論は何でもできます。 

f:id:bari301:20170711193158j:plain材料です、ピーマンもこれ二桁円で手に入って最高です。

f:id:bari301:20170711193133j:plain

まずピーマンを暖かくします、みなさんも暖かくなっていますね。

f:id:bari301:20170711193124j:plain

これは肉です、これを見ている皆さんも大体肉だと思います。

フェイトアポクリファのアニメが結構面白いです。

f:id:bari301:20170711193114j:plain

蒸します、蒸すとアポクリファになります。

これは申し訳程度のピーマンの肉詰め要素です。

僕は原典には敬意を払います、皆さんは敬意を払わないゴミカスですね。死にましょう。

f:id:bari301:20170711193107j:plain

死にましたね。

 

f:id:bari301:20170711193103j:plain

これはフライパンの肉汁を用いたソースです、ケチャップとみりんと醤油です。

詳しい分量は皆さんが持っているそのカッコいい機械で調べてください、知らない事があるという現実から目を背けるのはゴミです、人間ではありません。

f:id:bari301:20170711193101j:plain

熱したら人間ではないものになりました。

f:id:bari301:20170711193100j:plain

かけて完成しました。

世界一美味しいと思います、世界一なのでオススメです。

しかし皆さんは大体世界一にはなれないと思います。

それを受け入れて粛々と日々を生きてください。

おわりです。