バリメシブログ

バリという人のブログです

薬師寺さんすき

 

今日見たハグっとプリキュアの薬師寺さあやさんの事を考えると胸が苦しい。

なので絵を描きました。

f:id:bari301:20180211145234p:plain

 

 

はあ好き

 

(おわりです)

 

 

 

まだストロングゼロなんか飲んでるの?時代はもぎたてシークァーサーで「飲むキンチョール」!

 

みなさんこんにちは、来月仕事をクビになる発達障害者です。

みなさんはこれを飲んでください。

f:id:bari301:20180120163717j:plain

アサヒ もぎたてシークァーサー 

 

私はこれのグレープ味が好きでよく飲んでいます、メントスとかの駄菓子みたいな味がするからです。

あとはクソ酔うからです、人生が曖昧になる度ではストロングゼロに匹敵します。

糖質ゼロチューハイで世界をどんどんアアアーっていきましょう。

 

本題に戻ります、これはその限定版のシークァーサー味です。

柑橘類特有酸味とシークァーサーの苦みがあり、食事にも合うキンチョール味です。

皆さんは害虫退治にキンチョールを使ったことはありますか?僕はあります。

あれを使った時の部屋を思い出してください。

思い出しましたか?その味がします。

本当にキンチョールの味がします、本当です信じてください。

こんなに美味しくないチューハイがあるとは思いませんでした、美味しいです。

これを描いてる時点でそこそこ酒が回っていたので、「今日ちょっと酔い過ぎたか?」と思って何度も味わってみましたが、本当にあの殺虫剤の味がします、信じてください。

 

本当なんです…あと来月無職になります…。

 

おわり

追記:インパクトが欲しくてこんなタイトルにしましたが、僕はストロングゼロも大好きです。不適切な表現があったことをお詫びします。

 

 

昔はよく「化学調味料は身体に毒」「舌が痺れるからカチョウたくさん入ってる外食はすぐ分かる」とか言ってなかった?

自炊するようになって味の素買ったけど、そのまま舐めてもみたけど舌が痺れるなんてことは全くないわな

異動と左遷とアイカツの話

 

みなさんこんにちは、前回の続きです。今日のみなさんも昨日の皆さんの続きです。

 

でも別に前回を読まなくていいと思います、ですがこの自分語りシリーズはカテゴリータグ「自分の話」でまとめていきます。つーか読むな、ふざけんな馬鹿。

 

これは1週間後に続きを書きたいと思っていたのに1ヶ月後になってました、お詫びとしてこれからはなるべく毎日書きます。

 

あと僕のブログのコメント欄でボキャバトルをするのはやめてください。

 

 

本題です、

 

 「……と言っても、左遷ってわけじゃないんだけどね…」

僕はこれを左遷と理解しました、みなさんも理解ですか?

 

ピカピカの新卒入社一年目にて、早くも僕の人生が紐解けてしまいそうな憂き目にあっていたこの時分でしたが、良い出会いもありました。

それはアイカツです。

 

1作目の劇場版を記念した全話無料配信期間で見ました、ハマりオンリーイベントにまで足を運ぶようになるまでにそれほど時間はかかりませんでした。

本筋から逸れるので感想は控えますが1期2期のアイカツは凄かったですね、秘密の手紙と見えない星はボロボロ泣きながら見てました。

特に霧矢あおい姐さんが最高でした、その時私は思いかけてしまいました。

 

 「就活の時の俺にこのアニメがあれば、霧矢あおいちゃんがいれば俺はもっと戦えた」

こんな会社で妥協せずに済んだ、親や学校の就職支援課、楽々就職先を決めていく友人から発せられるパワー、すなわちプレッシャーに耐える事ができたはずだ。

きっとそうだ、俺はアイカツに出会うのが遅すぎた。

一瞬だけそう思った、でもそれは俺が弱かったからだ。

すぐさまその貧弱な自分を頭から追い出した。

 

霧矢あおいちゃんがいればあの時戦えた、俺はそう思った。

そう思った以上は、「霧矢あおいちゃんがいる今の俺は戦える」はずだ。

そうでなければならない、霧矢あおいちゃんまで裏切ったら俺はもう永遠に救われることはないだろう。

割と本気でこう言う事を当時考えていた記憶があります。

 

左遷された先は今までと違って遅番シフト早番シフトがある、実家からの距離じゃ遅番シフトにされた時には終電で帰れなくなってしまう。

始発で通っている早番シフトの今のうちに部屋を探そう、まず一人暮らしをする。

そして転職先を探す。

畜生、あれだけ憎んだ就職活動の場にこんなに早く舞い戻ることになるとは。

でももう大丈夫、あの時の俺にはなかったが今の俺にはアイカツがある。

異動先では1日4時間の残業がデフォルトだった。

でも、なんてことはない。

1日13時間の労働に耐え、週2日の休みにハロワに通えばいい。

それだけの事だ、簡単だ。

 

そうしてアパートの契約を済ませ、それを上司に報告したその月に二度目の異動が決まりました。

 入社1年目の冬だったと記憶しています、劇場版アイカツも冬でしたよね?

 

つづく