読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリメシブログ

バリという人のブログです

上司と話題を合わせる為に美少女アニメを見る時代

今日が転職先の初出勤日だった。

仕事を教わってた先輩社員にちょっとした雑談で「休みの日に何してるのか」聞かれて正直にアニメやゲームと答えた、最近は諦めてそう正直に言う事にしている。(ここで嘘をついても顔や言動立ち振る舞いの全てがオタクなので意味がないので)

そうしたら彼もアニメを見るとのことで意外にも話が盛り上がった、彼はうまるちゃんがイチオシらしい。分際でそんな年にも見えないと思ったが、冷静に考えて自分も中学生の頃には活発な人類達とのコミュニケーションに苦痛を感じオタク趣味に傾倒していったのでもう驚いて自分のブログで取り上げる程珍しい事ではなくなっていたのだろう。そういう時代なんだなって思う事にした。

 

こんなことになるのなら食わず嫌いせずにうまるちゃん見とけば良かったなと思う一方、職場の人間と話を合わせる為に美少女アニメを見ようかという発想数年前ではありえなかっただろうなと感慨に耽った。

どうせ仕事では躓いて迷惑かけるだろうしこういう話題の引き出しを用意しておいて取り入るのはアリだと思う、皆も上司の酒や休日ゴルフに突きあわされる感覚で他愛もない美少女アニメを見せられてゲンナリしたりしよう。

 

ゲンナリするといえばその例の先輩が「ソードアートオンラインって知ってる?」と聞いてきた時があった、時が停止する。

警告警告、頭の中でブザー音が鳴り響く。超危険球、ここに投げられたらもうお手上げだ。

俺はこのアニメが大嫌いだったのだ、さてなんて答えたものか。オタク同士で互いの領域は絶対に不可侵である、相容れない存在は触れない事でしか共存は有り得ない!

気心の知れた相手ならともかくだが、この場合職場の人間関係である。コミュ障検定一級の俺といえど

 

結果としては彼もその作品が嫌いでむしろ意気投合したのだが(ただのエロゲじゃん)(ですよね!)、これ意見が食い違っていたとしたら最悪だったのではないかと家に帰ってから少々震えた。

俺が気をまわし過ぎてSAO好きなんですよ~とか言っても所詮俺なら年下の後輩なので大したことにはならないだろうが、目上の人が好きだった作品をフライングで俺がけなしていたら一発アウトだし、それを察知して回避したところで自分の嫌いなアニメをそれが好きなオタクと延々語り合わなければいけない理由がそこに発生してしまうのだ。この世の地獄か。

 

現代の若者よ君達が就職する頃にはこんな事が日常茶飯事になっているかもしれないぞ、覚悟せよ。何故ならもう俺の世代と言えば中学生にはネット環境が整って違法ダウンロードも簡単でまとめブログもボコボコ生えている。

そんな環境で埋まれたオタクの後輩になるのだから、自分達の事ながら字面を見ただけでうんざりするな。

強く生きてくれ、うだつのあがらない先輩社員にガルパンはいいぞと囁かれる時代はすぐそこだ。