読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリメシブログ

バリという人のブログです

アニメ「アイカツ!」の名を地に落としたあかりジェネレーションについて

主人公が交代してからアイカツがつまらない。尋常じゃない、擁護しようがない。

一期と比べればもはや違う作品だ、アイドルアニメからただの女の子が駄弁ってるだけの日常アニメになった。ラブライブと同じ末路を辿った。

 

もう全部がクソ。

新キャラを乱発したのがクソ、乱発したわりに魅力のあるキャラも少ないし特にそのキャラがストーリーに必要なわけでもない。というかストーリーがない。

堂島ニーナとかもはや古い、今となってはアイドルアニメに一人はいる計算キャラだ。

え?今頃そんなの出すの?百億年おせえんだよ、後キャラ付けも安易だし専用ブランドもマジカルトイと全く差別化できてない。

 

地方アイドル全体的にクソ名前も思い出せない、ののりさだけ辛うじてシコれる。

そのシコれるののりさもキャラとしては物足りない、あまりに奥行きがない。

しかもこいつらは主人公であるあかり達に何も影響を与えない、あかりちゃん以外誰もいなくても同じ話は作れるのが問題。存在意義がないし作者の気持ちが分からない。

しかもいつまでも一緒にいるし、先日の話も離れ離れになるのは寂しいだけなのか?というアイカツ定番の問いかけに対してもでも同点引き分けでいつまでも一緒というオチになった。どうせクイーンカップでもふたり仲良く負けるんだよ、美しい友情ですな。

一期でやってた話は何だったんだ、50話のあおいちゃんと蘭ちゃんの涙に意味はなかったのか。

 

あかりジェネレーション入ってから今に至るまでどうでもいい劇中劇や遊んでる話ばっかりで一期二期で扱ってたアイドルの話とか夢を目指して頑張る話みたいなのがぽっかり抜けて今は質の高い楽曲とCGだけが残る空虚なアニメとなった。

全国ツアーも結局新キャラを乱射する為の設定程度にしか意味がなかったしあのアニメをどうしたかったのか全く見えない、お話考えてる人が皆で結論を後回しにしてし続けた結果何もしてないのにもうお話が終ろうとしてる。もう答えを出さなければいけなくなってしまった、宿題を1ページも進めなくても夏休みは終わるのだ。

 

結局あかりちゃんはいちごちゃんに憧れてスターライトの試験に落ちた頃から何も変わらなかった、周りの人物もそうだ。

スミレちゃんは2クールかけても全く相も変わらず「歌が好きだからアイドルやる」しか言ってないし、ひなきちゃんを筆頭とする他のレギュラーは賑やかしとしか思ってないようだし、この期に及んでやる話ときたら芋の選別大会。

しかもまた引き分け、何回引き分けオチやったら気が済むんだ。監督をはじめとする製作スタッフは記憶を失ったのか?

 

まあ二期からこういう傾向にあったよね、なりたければ誰でもアイドルになれる!とか言って特に夢を追う事の大変さを遠ざけなんだかふわふわと楽しげな事だけをやるという、そういう感じ。

アイカツが二期と劇場版までは面白いのって要するにこの「なんだか楽しげ」の空気の象徴であり原因であるドリアカ連中が出しゃばって来なかったから来なかったからなんだよな。

二期ではライバルという触れ込みで現れたし劇場版ではわき役で、それで済んでたから良かった。

二期のドリアカメイン回とかクソだったじゃん、キャラが可愛いのは認めるけど、きいの星座コーデ入手回とかセイラが走って代わりに貰いに行ってあげるとかなんなのあれ?ふざけてるの?舐め過ぎじゃないの?

祖国に引きこもってれば親の威光でのうのうと暮らせたのにそれを全部投げ捨てて自分の憧れを叶える為に日本へ来た一ノ瀬かえでを全否定じゃん、誰かを楽しませたいという気持ちを常に持って努力して、マジカルトイのトップデザイナーに会うために町を探し続けてたのに、冴草はなんか周りがアイドル勧めてきてそれならまあ楽しそうだしやってやるかって感じじゃん、そりゃないでしょ、これまでの話は何だったの?

ドリアカを主人公にしたアイカツがあかりジェネレーションってこと、そりゃつまらないはずだ。楽しくアイドルやってるだけなんだから。

俺はそんなものが見たくてアイカツを見ていたわけじゃない、俺は夢に向かって頑張る女の子達が見たかったのだ。今のアイカツは完全に作品のテーマを見失っている。

 

本筋と逸れたからここに申し訳程度に付け足しておくと、ロボ回も地味ながらクソポイント高いです。

女児がロボ見て喜ぶのかよ、大きなお友達の方見過ぎじゃないの?そんなことをツイッターで発言したら子供を盾にとって批判するなと言われました。

確かにその時の私は格好良くなかったのでそうだなと思って黙ったが、そうじゃないんだ本当は。子供を盾に取られているのは俺の方なんだ。

くだらんカードの為にいい大人がハッピーセット食わされるのも、エールブレスレットとかいうゲーム内の経験値とキャラの周り飛んでるエフェクトが変わるだけのガラクタ売り出しても俺は我慢していた。

俺は大きなお友達だから、俺は招かれざる客なのだから俺の為のコンテンツじゃないから、俺が不満でも女児が喜んでるなら俺は例えネットの片隅からでも何か言うべきではないと、そう考え黙っていた。

黙ってたらソシャゲが出てきた、どうやらもう真面目に作品を良くしていくつもりはなくなったらしく馬鹿な大人(というか金を手にした体がデカいだけの中身は分別のつかないガキ)を詐欺まがいの方法でお手軽にただ金を巻き上げようと、そういう方針で行くんだねよくわかったよ。それについていくファンもそれに異存がないわけだ、その作品が好きなんじゃなくて「その作品が好きな人のコミュニティ」の中でぬるぬるなれ合っていたらそれで楽しいんだね。凄いね、俺にはとても真似出来ない。

俺の様な消費者にだって選択する権利とプライドがあるからね。

 

それから旧キャラがちょいちょい顔出すのもムカつくのでやめてほしい。あかりちゃんのキャラ像が固まってないからあんな日常話ですら間が持たないんだよ、いまだにいちごちゃんに憧れてるってキャラで話転がしてるじゃん。いい加減かつての栄光にすがるのはよせ、何の為に主人公を替えたんだ馬鹿か。どっかのツイッターのオタクが「老害の為に旧キャラ出さなきゃいけないんだろう」とか言ってたけどそんなのこっちから願い下げである、俺がかつてのアイカツを楽しんでた頃の思い出まで汚すな、あかりジェネレーションがつまらないのはあかりジェネレーションの問題だろこっち見んなボケ。

 

以上の理由をもちまして今のアイカツはクソだと私は思いました、未だに尊いだの泣けるだの言ってる連中は女児アニメで感動する異端な俺!アピールがしたいだけの人だと思ってます、人にエロゲやってる事を自慢する高校生と同じようなしょうもない連中よ。

 

そんな感じです、以上予告通りアイカツの悪口を描きました。そしてこのブログはクソアイカツクソオタクからの応戦を常にお待ちしております。