読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリメシブログ

バリという人のブログです

ガルパン劇場版でオレンジペコとダージリンさんが言ってるバンダースナッチとジャバウォッキーって何?

「まるでジャバウォッキーですね」「というよりバンダースナッチね」

 

ワンダーランドウォーズをやってる時にも出てきたなバンダースナッチ、バンダースナッチってなに?調べてきました。

どちらもルイスキャロルの作品の中に出てくる架空の生物、ジャバウォックの詩で言及されている。

ジャバウォッキー(jabberwocky)はジャバウォックの詩の原文の綴りで「無意味な言葉を表す」のだとか、大抵ファンタジー作品ではドラゴンの姿で表されている。

どちらも明確な姿の描写はなく、登場人物の口から語られるのみの怪物。なんかとにかく強い。バンダースナッチは素早いらしい。

wlwでは見た目は獣っぽい。装備すると毒耐性を得る、結構強そうだけど持ってないです、ください。

 

バンダースナッチは「怒り狂った(原文では燻り狂った?らしい)バンダースナッチには近づくな」とか言われてるので、ダージリンさんが同じファンタジーの怪物なのにわざわざ敢えて言い直すのはそういう意味で対戦相手を揶揄しているのではないか!と思うんですね。

 

思うんですが、ここまで調べてしかもわざわざブログに書いて人様に読ませておいてなんだが、この2体の怪物の元ネタのジャバウォックの詩はルイスキャロルの作品、ようするに鏡の国の「アリス」にかけてるだけっぽいのでそこまで意味のあるやりとりじゃないかもしれないです。なんせダージリンさんだし。

上にあるこれまでの文章はあんまり意味ないと思います、島田愛里寿ちゃんはかわいいです。おわり!