バリメシブログ

バリという人のブログです

「なぜオタクが美容院を怖がるのか分からないw」を分かるように説明してやるから読め

まず根本的に人間は未知に恐れをいだくのである、知らない事は怖いのである。

ただ知らない事が存在しているだけで恐怖を感じる、それが出来るのは静物としての人間の長所の一つなのだ。

 

そもそもとして、美容院どころかファッションに関する施設は美容院だろうが床屋だろうがユニクロだろうがしまむらだろうがとにかく怖いのだ。とかくオタクの生活とは恐怖に満ち満ちている。

 

大体が髪を切る職業の人間が喋っている事などはっきり言って理解不能である。

オシャレか程遠い1000円カットの床屋に至っても「もみあげはどうしますか?」と来る、それはこちらの台詞だ。お前がどうしたらいいのか教えるべきではないのか?いっそ空虚な輪郭をそっと撫でてくれないか?

 

きっと親切なら美容師なら「切りますか?それとも自然な感じに伸ばしますか?」などとベーシックな例を挙げ選択肢を絞ってくれるだろう。

 

相手が人間ならそれは概ね正しい、しかしそれがオタクなら?

それはステーキ屋を訪れた獅子に肉の焼き加減を訪ねるか如く愚行である。

 

「眉毛はどうしますか」「あっあっ」「整えますか?」じゃあないんだよ、獅子に説明しなきゃいけないのは「ステーキの焼き加減はレアからウェルダンがある」とかではない

まず「肉は焼いて食べると美味しい」という概念を理解させなくてはならない、焼き加減による味の違いなどは

その先の話である。

 

君がもしステーキ屋の店員なら「そんなの困るだけだし獅子にそこまでして来店してもらわなくていい、一生生肉食ってろ」と思うだろう、そう!その通りでなのだ!!

そんなのも分からないならやっぱり行くべきではない!オタクは美容院を怖がって行かないのが大正解だ!オタクは絶対に美容院に行くな!一生おかあさんに切って貰おうな!!!!