読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリメシブログ

バリという人のブログです

日曜日にAV買ってその女優にサインや握手してもらった回

俺の初サイン会で初握手会です。

職場の先輩が地元にAV女優が来るイベントを見つけ、誘われていやいや行ってきました。

日曜日が半日潰れたので元を取る為にひさしぶりにはてなブログを開くことになりました。

 

それはAVとかゲームとかオタクアイテム屋さんにAV女優が二人来て、そいつらの作品を買うとサインをもらえたり撮影会に参加したりできるというシステムでした。すごいシステムですね。

参加費だと思って一本買いました、職場の先輩は二本買っていました。

同じメーカーの別のDVDを買うとサインや撮影会に加えスリーショットの写真も取ってもらえるのです、システムですね。

 

3000円くらいで商品を購入し参加権というかなり手作業で切った感の紙を一緒に受け取りお店のAVコーナーをうろうろしながら開始時間を待ちます。

店員が始まりを告げると、僕と同じように所在なさげに18歳未満立ち入り禁止コーナーをうろうろしていた男達が集まり始めます。

年齢は結構バラバラです、けっこう若い人もけっこう若い感じじゃないかもしれない人もいました。

 

正直言って面白かったです。

セクシー女優の二人はAVコーナーの最奥にて下着で現れました、セクシーな女優でした。

まずはサイン会が始まります、僕は生まれて初めてサイン会になりました。

事前の調査により、サインとは郵便屋とは違いサインをする間なにか喋ったりすることがあることを知っていました。(参考文献:アイカツ第6話サインに夢中!など)

私は目の前に下着姿の女性とお話をしました、僕はいつも下を見ている人間なのでそのままだと丁度ペンを軽快に走らせる彼女の胸部が視界に入ってきました。

僕は結構見てしまっていたと思います、定かではありません。

女優は大変愛想が良く、僕にも優しかったです。

名前を聞かれたので答えると色紙にそれを書きます。

 

「こういうイベント初めてなんですよ」「私も静岡来たの初めてです、えへへ初めて同士ですね」

僕はフヒュヒュwwwとかFFFFとか言ってたと思います。

「お昼さわやか行ったんですよ」「静岡にしかないですからね」「中身が生で美味しかったです」

最後には握手してくれました、なんとか応援してます頑張ってくださいくらいは言えてたと思いますが、またオタク笑いを出していただけかもしれません。

先輩は手が柔らかいと興奮していました。

僕はそれより手の暖かさが印象に残ってます、今にして思えば自分の手が緊張して冷たかったんだと思います。

緊張してる人間の手は冷たいとおおきくふりかぶってで見ました。

 

なるほどと思いました、例のたくさんいるアイドルなどの握手権を手に入れる為にCDを無限に近い数買ったり同じイベントで何度も握手の列に並ぶと言う事象があるのは知っていました。

阿呆かと思ってましたが、確かにこれは楽しいです。

何が楽しいか理論は良く分りません、普段女性と話す機会が少ないとか反応があるとか身近に感じられるとかなんかそんな感じだとは思います。

人やイベントにもよると思います、でもアイドルを追っかけて現場へ行くオタクの気持ちへの理解が少し深まりました。

 

 

残りのイベントの準備を待つ間先輩はその辺の青年を捕まえ交流をしていました、先輩は社交的です。

僕はあまり社交じゃないのでそこまでコミュニケートできませんでしたが、大変興味深い話を聞けました。

自分らを含めて参加者は20以下といったところですが、正直まだ人がいる方だとか、青年は以前からその女優のファンであり追っかけをしているがイベントの対応がよくなっているのだとか。

あいつら体売って楽して稼いでるなんてことはないんだなって思いました、大変ですね。

 

その青年は県外からこの静岡とかいうハンバーグレストランさわやかしか誇るもののない未開の地へやってきたというのです、偉いなと思いました。

一番面白かったのはその青年が被ってる帽子に「桜色花伝」って書いてあったことです、みやみやみやみやみやビームでした。

言及するチャンスが無くて残念でした、なのでブログで言いました。

僕も女児アニメおじさんだよ、頑張ってね。

 

 

その後じゃんけん大会が始まりました、商品は女優が着ていた下着でした。

マジかと思いました、パンツにサインが書いてありました、マジでした。

いくらなんでもこんなものは貰いたくなかった、というか人々の前でそれを受け取っておめでとうとか言われるのが無理そうでしたので全部負けれて安心しました。

先ほどの桜色花伝キャップの青年が勝ち取りました、遠くから来た甲斐があって良かったなとなりました。

先輩は悔しがりました。

 

 

この出来事をブログに載せる為に文字情報にしたら客観性を得て、かなり気持ち悪いと感じてしまう人がいるだろうなと思いました。

でも素直な感想としては楽しかったです、もう一度くらいなら行ってもいいかなといった趣です。

 

休み明けに先輩が来月に他のセクシー女優のイベントがあることを見つけてきました。

マジかよ早過ぎる勘弁してくれになりました。