バリメシブログ

バリという人のブログです

嫌な上司との付き合いはカラオケボックスに放り込んだら解決した

こんにちは。

今日は僕の発見した事を書きます、すごいですね。

 

職場の先輩に連れられてカラオケに行くのがすごく嫌でした、私は職場の先輩という極めて不愉快な人間関係を持つ敵性オブジェクトとカラオケに行ったことが無かったので前回は頑張って回避しました。

しかし先日実際に連れてからたら思っていた程ではありませんでした、いやむしろ職場の先輩みたいな関係の相手とは積極的にカラオケに行くべきだという事が分かりました。

 

嫌なやつとはカラオケで時間をつぶすべきその理由、いくつかあります。

 

まずひとつめ、それはなぜならカラオケは喋らなくていいのです。

歌っていれば時は過ぎます、一曲選曲すれば4,5分何も考えなくても時間は過ぎます、これはすごいです。

しかも相手のターンもあります、仮に2人きりのカラオケだとしても自分が歌う5分+相手が歌う5分で自分が一曲やりすごせば実質10分何もコミュニケーションをとらなくて済みます。曲と曲の切れ目や間奏の間くらいなものです、しかも曲が始まれば「あっ始まっちゃったw歌わなきゃwすんませんw」みたいな顔して話を中断しても角が立たない、無敵です。

このような理由で特に嫌いな先輩や上司などと会話しないで済むという点において、カラオケは最も効果的であります。

話題を考える必要もない、しかも部屋はうるさく気まずい沈黙が生まれる事も無し!

食事ではこうはいかない、食べ物を口に含んで5分も黙ってられる飯屋なんてカニ食べ放題かコンクリート食べ放題ぐらいしかありません。

 

ふたつ目、相手の目を見なくて済む。

目を見るのが苦手な人以外にもこれは朗報なのです、デンモクを見ていられるのです。

曲を探してるふりをしてデンモクやアイフォンを見ていれば堂々と暇つぶしが出来ます、嫌いな上司に歌わせておけば喋らなくて済むうえに目も見ないスマホを見ていられる、事実上のシカトです。

 

三つ目の理由、これが最後の理由です。疲労感です。

そう、カラオケは程よく疲れます。

なので特に夕方から夜にかけて出かける場合、カラオケが済めばそのあとにどこかへ行こうぜ!という提案が出にくくなります、これは最も最重要な重要性です。

これさえ乗り切ればすぐ帰れる!かなり励みになります、しかし最大6時間!朝まで歌える!なんてカラオケになったらこの世の終わりですが。

まあ学生でもなければそこまではしないと思います。

 

 

以上の事からカラオケは嫌いな人との上っ面の付き合いに持って来いだということがわかりました、だからここまでカラオケが定番化したのだと私は思いました。

いかにも日本発祥の娯楽らしいじゃないですか、皆さんも積極的にクソ野郎をカラオケにぶち込みましょう。

そしてドリンクバーめっちゃ飲んでトイレ行ってツイッターでもしてましょう!最高ですね!職場の後輩を休日に連れ出す先輩や上司は死ね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!